矢印

いかにも🍥←\ぽいのに100%🍥→\なナルカワが私は好きだよ
それこそ温泉書いてた頃は🍥←\だったから完全な解釈違いになってるんだよな

カワキくんて

そういやあカワキくんてナルトくんのことは大好きだけど、ナルトくんのために何かしてあげたことなんてないんだから、そりゃナルトくんの気持ちは関係ない、だよな…そんなことにも気づかなかった私

どうしても、好き=気に入られたい的な思考にいきがちだけど、そうとすらならない少年がカワキであることを忘れがち
勿論彼は器用なんだけど、人とのコミユニケーションについてはマイナス領域だから

多分これ、二次創作しながら時々忘れる事案だと思う(肝心要なのに)

ボロのおっさんいいよね

ボロのおっさんに捕まって先に料理されてしまうボルトくんを見ながら、少なからず「自分のせいで」と思ってしまうカワキくんが最高に滾る〜〜

ヤりたいのに

セッしたいのに「したい」って言えないままナルトくんのことじーっと見ていたら「具合でも悪いのか?」ておでこに手当てられて、じゃあ今日は一緒に寝ようって同じベッドに入ってぎゅーっして寝るんだけど逆に興奮が高まっちゃって仕方なく自慰してたら途中でナルトくんが起きちゃって気付かなくてごめんって言われてセッするナルカワちゃん

公式が

公式がナルカワちゃんのお仕置セッを書かないなら(書くわけない)私が書こうと思ってたんだが、これがナルカワのかたちだよなってしみじみと再確認してしまった。

お家で

お家でセッしてて、めちゃくちゃ盛り上がってきた頃に「ナルト!緊急事態よ!」ていのから報告受けて「わりい!カワキ、すぐ帰ってくっから!」て一物を抜いて中途半端な状態で部屋から飛び出していくナルトくんと、寸止めくらって熱をおさえられないでいるカワキくん。